ディレクトリ検索エンジンアスター

読書

読書に関するホームページを紹介しています。
読書 どくしょ 本を読むこと。本項で記す。 印象派である黒田清輝の描いた絵。 よみかき 読んだり書いたりすること。 長野県木曽郡南木曽町の地名。読書村を参照。読書(どくしょ)は、本を読むこと。特に好んで読む本を愛読書、また本を読む人は読者と呼ぶ。 読書の意味は「書を読む事」とされるが、活字の登場以前では、これらは主に裕福層やインテリ層にのみ許された行為であった。活版印刷技術の登場以降、書籍が大量生産されるようになって、大衆の識字率は格段に向上し、読書は大衆娯楽(趣味)としても広く受け容れられるようになっていった。 日本では、江戸時代までは、主に四書五経など漢籍の音読(おんどく)が行われていたが、明治時代以降になると黙読(もくどく)が主となった。当初黙読がそれほど広まっていない頃には、黙読する人は「何を読んでいるのか分からない」ため気味悪がられ、また、黙読が広まっても、なかなか音読の習慣を止められない人もいたとされる。
彷書月刊彷書月刊
古書、古書店の情報誌。執筆者プロフィール、編集日記、コラム。http://www3.tky.3web.ne.jp/~honnoumi/
復刊ドットコム復刊ドットコム
復刊を求める声の高い絶版・品切れ本を、復刊させることを目的としたサイト。http://www.fukkan.com/
日本古書通信日本古書通信
月刊誌。全国古本屋地図、古書展・目録ニュース、出版物案内。http://www.kosho.co.jp/kotsu/
日本読書学会日本読書学会
活動紹介、入会案内、機関誌「読書科学」掲載論文リスト。http://wwwsoc.nii.ac.jp/reading/
東海古本屋図鑑東海古本屋図鑑
東海地域を中心とした作者が訪問した古書店のガイド。http://www.beenet.gr.jp/furuhon/
電子書籍という潮流電子書籍という潮流
電子書籍についての考察。データ形式などの解説、関連記事、リンク集。http://www.renya.com/textware/
青少年読書感想文全国コンクール青少年読書感想文全国コンクール
応募要項、課題図書リスト、入賞作品の紹介。http://www.dokusyokansoubun.jp/